弾性ストッキングを比較しおすすめ順にランキング

おそとでメディキュット

ここでは、おそとでメディキュットという弾性ストッキングを紹介します。商品の特徴や口コミなどをまとめました。

手軽に買えるシリーズのストッキング版

弾性ストッキング「おそとでメディキュット」「おそとでメディキュット」は、ラインアップ豊富なメディキュットシリーズのパンティストッキング版。

ドクター・ショールの本社は英国にあり、長年にわたって医療用ストッキングの研究を重ねてきました。その研究データや技術が1990年の「日本初のサポートストッキング753」、1997年の「メディキュットシリーズ」発売につながったという事です。

弾性ストッキングメーカーとしては老舗であり、ドラッグストアですぐに買えるので便利です。

現在、メディキュットシリーズには、仕事中や外出時に使用する「おそとでメディキュット」、休日や帰宅後のケア用の「おうちでメディキュット」、睡眠中のむくみケア用である「寝ながらメディキュット」の3種類があり、さらにハイソックスタイプ、トレンカ、タイツ、スパッツ等と細分化された商品があります。

サイズはMとLがあります。

おそとでメディキュット
価格 オープン価格(1,200円)
着圧 太もも10hPa、ふくらはぎ16hPa、足首20hPa
カラー 2色展開(ナチュラルヌード、ブラック)

おそとでメディキュット体験者の口コミ、評判

  • 「足も引き締まり、姿勢も良くなる、立ち仕事の人にピッタリのストッキングです」
  • 「つま先に切り替えがあり、伝線しにくくなっているのがありがたいです」
  • 「他の弾性ストッキングを試した時、足首だけに着圧がかかってふくらはぎがだるくなった事がありました。この商品は適度に締め付けてくれるので履いていて気持ちが良いです」