弾性ストッキングを比較しおすすめ順にランキング

弾性ストッキングの【医療】効果

ここでは、弾性ストッキングの医療効果についてご紹介します。

ストッキングでむくみを予防・改善

弾性ストッキングは、元々、整形外科等医療の現場で使用されていたものです。足首からふくらはぎ、太ももまで、段階的に圧力をかける事で、足に溜まった血液やリンパを心臓へ戻す手助けをします。その結果、むくみの予防・改善に効果を発揮するのです。

医療用の弾性ストッキングは厚手でおしゃれなものは少ないのですが、最近は薄手でファッション性のある商品も出てきました。

むくみを改善すればセルライトにも効く

むくみを放置しておくとセルライトの原因になります。ですから、セルライトを作りたくない人、できてしまったセルライトを改善したい人は、積極的にむくみを取っていきましょう。

日常的に弾性ストッキングを使用していると、むくみが足にとどまりにくくなり、セルライトの予防・解消に役立ちます。

下肢静脈瘤にも弾性ストッキングが使われる

足がだるい、痛い、血管の色が目立つ、血管が浮き出て見える……そんな症状のある人は、下肢静脈瘤かもしれません。下肢静脈瘤は血管の病気です。命にかかわるものではありませんが、足のだるさや重さ、見た目の悪さ等の不快感があります。

そんな不快症状を軽減するために、弾性ストッキングが役に立ちます。足全体に圧力をかける事で、静脈血の流れを助けてくれるのです。さらに、湿疹や色素沈着等、合併症の予防に役立ちます。

もともと医療用に使われている弾性ストッキングは、ぶ厚くてファッション性の無いものがほとんどです。最近は、着圧が高くても薄手でおしゃれなものが増えてきました。

着圧力やおしゃれ度で弾性ストッキングを比較!
どちらも兼ね備えた優秀アイテムはどれ?